目元って年齢が出やすい個所ですよね。
笑うとシワができるとあれっ?結構年かも・・・
なんて思われちゃったりしますよね。

そんな目元のシワやたるみ・クマに効果があるアイクリームがあります。
クマが悩みの私はキャンペーン期間で安くまとめ買いしました!! 使い心地などを教えちゃいます。
 

クマの改善アイテムでアンプルールのアイクリームがNHKで紹介されました!!

4139af3a467e9838e878a25c537869dd

 

このアイクリームは、アンプルールを作っている皮膚科の先生がNHKの「きれいの魔法」に出演したときに、クマの改善方法で紹介されたものです。
だから、最近目の下のたるみが気になってきた私は、即効飛びついてしまいました!
(写真はシークレットセールで安くなってたミニセットです。)

こちらは昔のパッケージです。
今はリニューアルされてこちらになっています。

 
このアイクリームには、なんと!
ノーベル賞受賞成分のEGFが配合されてます!
さらにはエイジングケアは欠かせない「レチノール」も配合!

すごいですよね!
他にも、新しくなったエイジングケアの3つの柱の1つの植物幹細胞(アルガンセルエキス)や浸透型コラーゲンなども入っています。
 
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%94
 
使い心地は、柔らか過ぎず、硬すぎずデリケートな目元に塗るにはすっごく使いやすいテクスチャーです。
こすって塗ると逆にクマができてしまうので、やさしくポンポンとなじませるように塗ります。
私も夜だけ使っていますが、保湿効果もあるのか目の下のファンデのよりがなくなりました!
あと、たるみも改善してふっくらした感じです!
 

クマの種類とその原因

クマには3つの種類があります。

①茶くま(しみぐま)
②青くま(血流くま)
③黒くま(たるみぐま)

原因

①茶くまは、スキンケアなどによる刺激・炎症、紫外線などによる色素沈着
②青くまは、冷え・代謝の低下による血行不良
③黒グマは、加齢による皮膚のはり、弾力の低下 が原因と考えられています。
 

自分のクマの調べ方

自分のクマがどれなのかを簡単に調べるには、
目じりを上に引っ張ってみてそのくまがどのように変化したかで判断します。

引っ張ってくまが改善されたら、黒くま。
引っ張ってもくまがそのままで青っぽかったら青くま。

 

クマの改善方法

どのくまも、ちゃんとケアすれば改善されるそうです。
少しほっとしましたね。
 

クマの種類別のケアのポイント!

①血行不良の青くまは、血行不良にならないように目のまわりのツボを刺激。
②色素沈着の茶くまは、アイメイクをやさしく落とすように心掛けること。
③たるみの黒くまは、アイクリームなどでハリとうるおいを与えてあげる。

 

レチノ―ルやコラーゲン生成をうながすもの、ターンオーバーを促すものが含まれている物を選ぶといいそうです。
「アンプルール」のアイクリームにもレチノールは入っていますし、
肌の再生力UPのEGFや植物幹細胞も配合されています。
 

ピンクOK

アイクリームをプラスして若々しい印象に!

目元のクマやたるみ・シワは、第一印象で老けた印象を与えてしまいます。
通常のスキンケアにアイクリームを加えることで、簡単に目元のエイジングケアができますよ!
ふっくらしたハリのある目元は-10歳肌には不可欠ですね!
アンプルールのエイジングケアのトライアルにもこのアイクリームは入っていますよ!

エイジングケア トライアルはこちら